2022年の応募作品 / VirtualRobot

  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *
  • *

VirtualRobot

産業技術高専 品川キャンパス(東京)

Facebook Twitter

「VirtualRobot」は自分でロボットを設計しプログラムを書くことでミッションを攻略するゲームです。
ミッションをクリアするごとに使えるパーツが増えていき、それぞれ目的の違う12+2のミッションをクリアすることが目標で、制限のうちで攻略すると追加でスターが集められるやりこみ要素もあります。
アセットを極力使わずモデルやイラストはBlender、ProBuilder、AffinityDesinerで作りました。
Unityでゲームを作るのは初めてでUnityユースクリエイターカップも初参加ですが約2年間温めて来たゲームです、是非プレイしてみてください!

アピールポイント

  • アイディア
  • グラフィック

操作方法

■ステージ選択画面
マウスドラッグ:移動
マウスホイール回転:拡大縮小
落ちているアイテムをクリックすると会話が始まります

■ゲーム本体
esc:メニュー画面
Q:モード切替

■ロボット制作モード
マウス移動:視点操作
WASD,Space,Shift:移動
右クリック:ブロック設置
左クリック:ブロック破壊
ブロックに視点を合わせて中クリックorE:設定変更

■プログラム制作モード
ドラッグ&ドロップ:アイテムの移動
アイテムを右クリック:複製,削除

■ロボット実行中
R:プログラムを表示
F:倍速(物理演算の精度が多少落ちます)